霊体験

霊の存在を実感した日。伸びてくる手の恐怖。

初めて体験した心霊現象。
かれこれ30年ほど前の話になりますが、友達と3人でバリ島旅行に行った時に泊まったホテルで恐ろしい体験をしました。ホテルは、街中にあり3人で2部屋を取り、私は友達と2人部屋に6泊しました。
夜な夜なバーに飲みに行っていたのですが、ある晩に同室の友達がもう一軒飲みにでかけるというので、私は先にホテルに戻りシャワーを浴びてベッドに入り、お酒を飲んでいたのですぐに眠りにつきました。しばらくして目が覚めて、入り口のドア付近を見たら人影があるので、てっきり友達が帰って来たのかと思い、お帰りと声をかけたのですが返事がありません。
そのまま寝ようとしましたが何かを感じて目を開けたら、私の上に髪の長い女性がいてまるで首を絞めるかのように、両手がどんどん伸びて来たのです。あまりの恐怖に声もでず目をつぶました。その後、目を開けた時にはその女性の隣で剣のようなものをかざす男性の影が見えました。殺されると思い毛布をかぶろうとしたのですが、身体も動かなくなり助けを求めるため声を出そうとしました。そして、どのくらい時間が経ったかはわかりませんが、スゥっとその影が消えました。
翌日、スタッフに聞いたところ、過去に心中したカップルがいたとのことで、「君もみたんだね」と言われました。よく現れているようで、別の部屋に変えて貰いましたが、あの恐怖は未だに忘れることはできません。
50歳 はるき