スピリチュアル

悩みのスランプに出くわしたら、第5チャクラを鍛えると解決する。

第5チャクラは人間の首の後ろ、付け根中央部に存在します。これはコミュニケーションに重要な役割を果たす部分です。自分の本心を表現する面と相手の話しを親身になって理解する二つの特徴を持ちます。
第5チャクラはバランス次第で効果が変化します。正常なときは自己の存在理由に耳を傾けることができ、正直な気持ちで相手とコミュニケーションがとれます。相手に合わせることなく、真実を伝えるので相手に思いやりのある行動を示せます。
一方、バランスが崩れているときはコミュニケーションが上手くとれません。気持ちが不安定になるので、優柔不断な考え方、不安からくる怯えなどで自身の感情を上手く表現できなくなります。この状態は肉体と繋がるので、喉の痛みや肩こりなどの症状となって現れます。

チャクラは開くと他のチャクラも含めて、体の中を回り始めます。正常な場合は気持ち良いと感じられる快適な状態に導いてくれます。第5チャクラを開く方法は、それを心の中に思い描くことから始めます。首の付け根付近にあるチャクラをイメージできれば、その周囲にチャクラが漂っていることがわかります。それを快適な状態だと感じる速さでコントロールすることが第五チャクラが開く、正常に働いている証拠になります。ただ、自身の体調や気持ちが良くないと、第5チャクラが開き過ぎている、上手く機能しない状態に繋がります。その場合は相手を思いやるはずが、独りよがりな考え方をする、考えがまとまらず上手く表現できないなど正常な判断ができなくなります。

第5チャクラはコミュニケーションを円滑に進めるものであり、自身を正確に表現する役割を持ちます。これを強化すると表現力が上がり、自分の本心を言葉に置き換えてもしっかり伝わる内容になります。
その強化方法は自身を表現したものに触れることです。絵画を始めとした芸術作品、様々な民族の踊りなどに触れることで、第5チャクラの活性に繋がります。また、このチャクラは心身が安定した状態、リラックスしているときに効果を発揮します。自分が心地良いと思える環境に身を置くことで、第5チャクラの強化に繋がります。強化方法は他にヨガや瞑想もありますので、自分がリラックスした状態で取り組めるものを選ぶことが大事です。第5チャクラは人と繋がる上で欠かすことのできない魅力あるチャクラです。