スピリチュアル

引き寄せの法則の超基本!瞑想を習慣にするとメリットが沢山。

瞑想をすると、霊感が上がる!占い師や霊能者も行っている、お勧めの霊能修行方法。

瞑想をすることで直観力や五感が高まり、霊感が上がりやすくなります。理由として五感が鋭くなり研ぎ澄まされると、第六感も次第に研ぎ澄まされていくからです。第六感とは直観のことです。霊感を鍛えるためには、30分など少し長めの瞑想を行うことが重要で、方法として静かな場所で目を閉じ、何か一つに集中します。このとき、人などを思い浮かべると雑念が入りやすくなるので、花や言葉など雑念が湧かないものを思い浮かべてください。この一点に集中し慣れてくると徐々に時間を長くしていきます。いきなり30分は無理という方は10分などから始めてみてください。しかし瞑想中に異常な恐怖感や不安を感じたら、すぐに瞑想を中断してください。

波長(オーラ)が高まり、パッと目を引く存在感がある人になる。

引き寄せの法則というものがあります。分かりやすく言うと「類は友を呼ぶ」です。この法則は同じ波長の出来事や人を呼び寄せるというものです。なので波長が高くなると、低い波長の人間関係が切れたり、逆に高い波長の人たちに出会ったりします。波長が低い人というのは、ネガティブで暗く他人のことを下げたりする人のことです。波長の高い人というのは、ポジティブで明るく柔軟に人を受け入れることが出来ている人のことです。けれど、ずっとポジティブでいられる人は少なく、波長というのは日々変わってきます。このことから分かるように、波長を高くするには自分自身の考え方や生き方が大事です。自分と他人を尊重し理解しようとし、日々を楽しく生きていれば波長は高くなるのです。

チャクラを操り、精神が安定し、運気が上昇してくる。

チャクラとは体に存在するエネルギーの出入口のことで、大きく分けて7つあると言われています。第一チャクラは尾てい骨にあり赤色で生存や肉体の欲求、第二チャクラはおへその下にあり、暖かいオレンジ色で自立心や創造性、第三チャクラは胃のあたりにあり暖かい黄色で自信、第四チャクラは心臓にありエメラルドグリーンで愛や情緒、第五チャクラは喉にあり明るい水色で自己表現やコミュニケーション能力、第六チャクラは眉間にあり藍色で直観や知恵、第七チャクラは頭の先にあり紫で高次との繋がりや霊力にそれぞれ関係しています。
チャクラを操るというのは、瞑想などでチャクラを感じ高めることで、肉体と精神の状態を良くすることです。第七チャクラが高まると宇宙と繋がり霊界からのアドバイスを受け取れます。