霊体験

地震の夢が当たり、予知夢となった。不思議な体験談。

41歳になってからのことですが、朝に震度6弱の地震でびっくりして飛び起きて自分の家が倒壊する夢を見ました同じような夢で、必ず震度6弱の地震を数ヶ月ごとに見ます。そのため、予知夢かとも思っていました。しかし大阪では、今まで大きな地震がなかったのでありえないと考えていました。家の窓ガラスがわれ建物が傾き倒れないように自分の身体で家を支えている様子が未だにはっきり覚えています。そして、よその家の土地に転がり出す我が家。家族や知り合いと連絡がつけずに困っている自分の様子が現れたときに目が覚めます。何を意味しているのかいろいろ調べましたが、わからないままでいました。ところが、地震の夢を見てから6ヶ月くらいに本当に自分の住んでいる大阪で朝に震度6弱の地震が起きました。ちょうど起きようかとしていた時間帯で大きく家が揺れたので最初はまた夢かと思いました。現実に起きたのです。ところが、我が家は窓や戸が衝撃で開くなどしましたが倒壊することなく耐えてくれて安心しました。しかも夢では震源地が自分の都市部でしたが、現実は隣の都市部だったので驚いています。また、現実では家族や知人に連絡がすぐにとれたので良かったです。

あきのすけ 50代