霊体験

まだ生まれていない自分の子供に出会った経験

高校生の時、友達と近所の公園で話していた時です。友達がトイレに行き、私は一人ベンチで休憩していると、3歳くらいの女の子が目の前で転んでしまったのです。私は慌ててその子を抱き上げ、大丈夫?と顔を見た瞬間言葉を失いました。その子は3歳の時の私にそっくりだったのです。
似ているというレベルを超えていて、え?私?と思ってしまうくらいでした。私が硬直しているとその子のお父さんがすみません、と駆け寄ってきて服に着いた砂をはらってブランコの方に連れていきました。ちなみにその子のお父さんは誰にも似てなく、全く知らない人でした。

トイレから戻ってきた友人にそのことを話しました。どの子?と言われたので一緒にブランコの方に行ったのですが、その親子はどこにもいませんでした。確かにブランコの方に行ったし、ブランコから公園の外に行くまでには、私たちの前を通るはずなので、帰ったとは思えません。それくらい小さな小さな公園なのです。結局その親子には会えず、友達にも信じてもらえませんでしたが、未だに本当に不思議でしょうがないです。

ayu 20代
私が二十歳だった頃、当時地方の学校で下宿しながら通っていた時に、部屋にいましたら、真っ白いシルエット(影?)だけの男の子が私の周りをクルクルと回りながら
(2周程度だったと思います)
「僕ね、ママのところに生まれてくるからね」
と言ってふうっと消えたのです。実際に息子を出産したのはそれから15年後でしたので、思い返してみれば、霊視とは10年以上先のことを見通すぐらい、なんてことはないのだろうな、などと改めて感じております。
orulla 40代
新入社員の時、毎日必死で、でもすごく体が重くて…
休日にゆっくり休んだ後、ふと思い立って家の近くの神社へ行きました。
「仕事に早く慣れることが出来ますように」と祈願したところ、
いきなり小学校1年生くらいの小さな女の子がぴったり真横に立っていたんです。
こちらを見上げながら
「そんなに無理することないのよ~!のんびりやりなさい?」と、おませなことを言ってきました。
それで、私がびっくりしている間にすたすたと神社の裏へ歩いていき、後から見に行ったけれどそこは草が生い茂っている荒地で、人が通り抜け出来るようなところなんてなかった…
「なに!?!?」と驚きの出来事でした。
数年後、娘の出産を期に退職しました。
その娘が、あのときの女の子にそっくりなんです。
そうそう、こんな感じの顔で、おませで私のことをいつも見ている。
あのとき、私のことを心配してちょっと早めに姿を現したのでしょう。
sayaka 20代

転職先の職場で夫と出会った時、まだ会話もしていない状態なのになんとなくこの人と結婚するかもしれないなと感じました。それと同時に二人で小さな娘と歩いているようなビジョンが見えたのには驚きました。正直言って夫は私のタイプではなく、当時は別に好きな人がいたのですが、不思議と違和感は感じませんでした。

しばらくはそんなことも忘れて過ごしていたのですが、ある時ふと急に夫のことが気になりだし、当時好きだった人への気持ちが魔法のように消えてしまいました。後から聞いた話ですが、その頃ちょうど好きだった人に後に妻となる彼女ができたそうです。何かを感じ取っていたのかもしれませんね。

その後はそれまで数年間単なる同僚として過ごしていたのが信じられないくらいにトントン拍子で夫との交際から婚約、そして結婚へと進んでいき、今に至ります。そしてつい先日、妊娠していることが分かりました。産婦人科で妊娠を告げられた時、ずっと忘れていたはずの未来のビジョンが鮮明に蘇ってきました。今はまだ性別も分からない状態ですが、私は女の子であると確信しています。まだ夫にこの話は一度もしたことがないのですが、女の子であると分かったら話してみようかなと思っています。

のぐり 30代