霊体験

結婚と離婚、猫が教えてくれた。

結婚にまつわる苦い体験談です。当時、27歳の私は、まわりから結婚を急かされていました。弟の結婚が控えていることもあり、不本意ながら「お見合い話」を受けることになります。ちなみに、結婚相手は同じ市内(当時は郡)に住む男性で、親と祖父との同居が条件となっていました。

お見合いから結婚式までは半年以上ありましたが、出会う回数は数えるほどでした。また、相手の家(後に自分の住まい)を訪れたのも3回だけという、いまでは信じられないことばかりです。結婚相手との距離が縮まることもなく、結婚式を迎えることになります。結婚式当日は「荷物送り」もあるため、朝からバタバタとしていました。

当時、猫を飼っていたため、料理の保管をどうするかなど、いろいろと気を揉んだものです。幸い、大勢の親戚が出入りするなか、猫はキッチンのイスでおとなしく寝ていました。しかし、婚礼家具を積み込んだトラックが家を出るとき、異変が起こります。猫が庭に出てきて、遠ざかるトラックに向かって鳴き叫んだのです。まるで「行くな!」と言っているような悲惨な鳴き声でした。

その後、波乱の結婚生活を経験した私は、離婚の道を選ぶことになります。もしかしたら、飼い猫は私の将来を案じて鳴き叫んでいたのかもしれませんね。

なおこ 50代