低級霊に騙された?邪悪な存在の特徴と見分け方。憑依された時の対処法。

低級霊に憑依されると、恋愛、仕事、対人関係がスムーズに行かなくなる

普段は幽霊が全く見えないのに、ふとした時に低級霊が見えてしまうという方がいます。また低級霊が見えるだけならいいのですが、彼らは見える人間に対して憑りついてしまう場合もあるようです。ただ低級霊自体も自ら見えるようになったり憑りつくというわけではなく、いくつかの条件が揃っている相手にのみそのような行為をしてしまうと言います。

低級霊が見える時、霊とあなたの波長は「同調」「リンク」している。精神状態は大丈夫?

低級霊が見えてしまう時の条件にはどのようなものがあるのかというと、疲れている時やネガティブ、マイナス思考に陥っている時がまず一番に挙げられます。例えば、疲れている時の人間は精神的にも落ち込みやすくネガティブなオーラ。そうなると無意識に「誰かに傍にいてほしい」、「頼りたい」という気持ちがオーラとして出てきてしまうため、近くにいる低級霊を引き寄せやすくなるというのです。さらに霊体の周りを覆っている低級霊などをガードする、バリア機能が落ちてしまっている状態です。あなた自身が付かれていると、守ってくれている守護霊も同時にエネルギー不足なので、結果として低級霊が憑りつきやすい環境が出来上がってしまうようです。

他にも、情緒不安定な方や精神疾患のある方、焦りすぎて周りが見えていない方、悲観的になっている方も低級霊を引き込みやすいので注意が必要です。心の状態だけではなく、住んでいる家、部屋など環境が暗いものや、じめじめしている場合も低級霊が見えやすくなります。気分転換を行って負のエネルギーや低いエネルギーを開放することが大切です。低級霊に対するバリア機能を回復させましょう。

低級霊の特徴。高級霊との違いは?

汚くて薄暗い雰囲気の中や、すさんだ精神状態の時に見えてしまった霊、軽く見えてしまった霊は、間違いなく低級霊です。高級霊は頼まれもしないのに人間のそばに現れたりはしません。人間のほうから頭を下げて、「来てください。お願いします。」と毎日唱え、そして日々霊格を上げようと努力してようやく姿を見せてくれます。また声が聞こえた場合も同様です。高級霊の言葉はその方に自覚、自立、自律を促すものが大半であるのに対し、低級霊の言葉は、物質的で人間的で人を不安にさせて自分に依存させようとする。そのような特徴があります。

低級霊が人を騙す目的とは?

  1. 自分の言葉一つで人が右往左往する姿を見たいから
  2. 邪悪なのに幸せを願っている振りをし、そんな自分に酔っている
  3. 騙して、犯罪や虐待や意地悪、誰かを迫害させようとしている
  4. 注目を浴びたい、すごいと言われたい、崇められたい