オーブが写真に映り込む時のスピリチュアルと、色別の意味。

オーブはその場に留まる自然霊や浮遊霊の、魂が映り込んだもの。

このオーブの正体は、その土地に長く留まっている自然霊(もともと人間や動物だった存在でなく、最初から霊界に生まれた、神さまやエンジェル、稲荷や龍神などです!)その土地に思い入れがあり長いこと浮遊している人や動物の魂。あまりにも長く留まったことから、リアルな霊体でなく、たましいだけの存在になったものと考えられています。良いオーブもあるし、生き霊や悪い念などが映り込んだ際に現われる、要注意なオーブもあります。どんなメッセージが込められているのか、色や映りこんだオーブの状態から判断するようにしましょう。

色別オーブの意味。

自然霊が映り込んだ白い斑点のようなオーブ

一般的なオーブは白色のオーブであることが多いです。
映ったオーブの数が多くても少なくても恐れることはありません。
白色は、高次元との繋がりを表す色なのでハッピーな現象です。ポジティブなものとして捉えてパワーを頂きましょう。白色のオーブが頻繁に現れる場所はパワースポットと呼ばれる土地が守られエネルギーの高い場所であることが多いです。生き霊でも守護霊でも動物霊でもない、自然霊の可能性が高いです。

波長の高いときに映り込む虹色で、全体に広がりを見せるのオーブ

虹色のオーブが写真に映りこむことはとても珍しいことです。このオーブは高貴な霊魂で自分自身の守護霊のメッセージを伝達する際に現れることが多いそうです。
このオーブも自分自身の人生の岐路などを後押ししてくれるポジティブなものなので、見ることができたらとてもハッピーなことと捉えて良いです。今なにか悩みがある方は、思っている方向に進んでいいというメッセージとも考えられます。

浮遊霊?自縛霊?あなたを覆う赤いオーブ

映った場合は注意が必要です。
その場に未練があり、とどまっている霊のたましいかもしれません。
赤色というのは警告を意味するもので、怒りの感情や不吉なことが起こる警告とされています。遊び半分で心霊スポットなどに行ってこの赤いオーブが映りこんだ写真を撮った際は、心から謝罪をしてすぐにその場から離れましょう。

恐怖の心霊写真!生き霊や呪いの黒のオーブ

赤いオーブ同様にあまり良いものではありません。黒には邪悪や不吉を連想させます。最近、生き霊を憑けたり憑けられたりしていませんか?呪われるようなこと、身に覚えはありませんか?ご自身の生活を今一度見直してみましょうという合図なのです。

守護霊からの愛のメッセージ!綺麗な黄色のオーブ

守護霊に日頃の努力を認めて見守っているというメッセージと言われています。黄色のオーブが映りこんだ場合は守護霊に感謝するとともに素直に喜んで、これからも今のようにまっすぐ生きていきましょう。

オーブが映り込む写真には、加工されたものも多数あります。オーブのメッセージを正しく読みとくのも、単なる細工に惑わされないようにするのも自分自身。最も大切なことは自分自身でオーブを見極めきれるくらい、正しい判断力を身に着けること。恐れず真摯に、でも素敵なメッセージを読み取り上手にスピリチュアルを身につけられるようにしましょう。