恋愛運

桃は恋愛・結婚・子宝に。片思いの人を振り向かせる最強の開運食。

風水が考え出された時代から、桃は恋愛の象徴。

昔、何の雑誌か忘れたんですけど、桃を食べると片思いの人に振り向いてもらえると書いてありました。(おまじないコーナーです)いまずっと片思いしている会社の上司に当たる人がいて、桃を食べたり、桃をスマホの待ち受けにしたところ、グループで飲みに行くことになりました。
しかも桃を食べているから?最近まみこ可愛くなって女子力上がったと言われました。
そしてなんと!!その先輩と帰り道が一緒で、実は2人でもう一軒立ち寄って、2次会できました!(もちろん終電前に帰りました笑)まだこの先はどうなるか分かりませんけど、本当に桃って恋愛の効果があるんですか?占い師さんたちから見て、スピリチュアルのような力とか感じますか?色々知りたいです。
まみこ 20代

風水では桃を恋愛の象徴としています。桃の花の寿命は短く、その短い命を美しく咲かせ(恋愛)、花を長く持たせ(結婚)、結実させる(子宝)という、恋愛、結婚、子宝といった3つの意味があり、実際に物凄い力を持っているんです。
そのため、風水では、恋愛を桃花と呼び、結婚運を桃花運と呼びます。春の花である可愛らしい桃の花は、恋愛運をアップし、良い影響を与える花として昔から風水には欠かせない花でした。

また、風水は女性を花と例えることで有名です。桃の花の風水は特に女性にとても作用しやすいです。昔から、雛祭りで女の子の幸せを願って桃の花を飾るように、女性と桃はとても密接な関係にあると言えます。

花風水という言葉がメジャーではない時代から、桃の花は女性の幸運を引き寄せるアイテムとして大切にされていたものなのです。風水の色の面に目を向けてみると、恋愛運に最強のパワーを持つピンクは、桃色とも呼ばれるように、風水学的には女性のビューティ運のアップ、恋愛運のアップに最も効果的な色とされています。

当時、雑誌のおまじないコーナーにも、桃は恋愛運を上げてくれると書いてありました。
それ以来、良く買ってデザートとして食べていました。
好きな人とたくさん会話出来たり、チャンスがめぐってくる果物として、実感済みです(笑)
気にして食べるようになってからしばらくして、彼氏ができ、いまも続いています。
hikaru 20代

子宝にも。もっと桃のパワーを生活に取り入れて運気アップさせる

この桃色のパワーを実感するには、南に桃色の花を飾ることでビューティー運や恋愛運、人気運がぐっとアップすると言われています。そして、子宝にも恵まれると言われる桃の実。

中国では桃の実は仙人の果物と呼ばれるほど縁起の良い果物とされていました。日本神話にも中国の古典にも登場する桃の実ですが、どれも桃は魔除けや長寿、厄除け等、縁起のよい果実として描かれるラッキーアイテムなのです。

このラッキーアイテム、子宝に恵まれたいという方にとてもおススメの風水になります。桃の実は、三柑の実の一つです。三柑の実というのは、桃、ザクロ、タチバナのことを言います。タチバナは、ミカンなどの柑橘類の昔の呼び名です。この三柑の書かれた絵画を部屋に飾ると子宝に恵まれると言われています。

花風水では、桃の花も実も、とても縁起が良いものだとされています。桃は、太古の昔より女性とは密接な関係にあり、特に女性に幸運を呼び込むアイテムです。桃の木には開運効果があると言われ、花や実には恋愛運、結婚運、子宝運にとても良い影響を与えてくれます。部屋に桃の花や実の写真や絵画を飾ることで運気がアップすると言われています。ぜひ、素晴らしいパワーを秘めた桃の力をお試し下さい。

子宝に恵まれました。

なかなか赤ちゃんがやってきてくれなくて、
それで義母が桃の花を買って南側に飾ってくれました。
その翌月、妊娠が発覚しました。
たまたまかもしれませんけど、当時は驚きました。
あつこ 30代

聞いたことがあります

昔、会社の同僚たちの間で、桃を食べると告白されるとか妊娠するとか噂でした。
できちゃった結婚した子が多い会社だったのは関係あるのかな?(^^)
すももともも 30代