古いお箸は金運や家庭運を下げる。捨て方や神様との繋がり。

古い箸を使い続けると、運気が下がる!?

お箸は「金運」「財運」「家庭運」などに影響すると言われているものです。多くの方が食事の際に使うお箸ですが、中には一日三回以上使われている方もいるでしょう。日々持ち主の生きるための元になる食べ物を運ぶ大事な役割をしています。

お箸について風水では運気を運び込むものとして気の力が持ち主に強く影響するものと考えられています。この世のすべてのものに気が宿り、古いものには善くない気がつくと考えると、やはり欠けたお箸・はげたお箸・古いお箸を使い続けるのは持ち主に善くない気を運んでいると言う事になり運気が下がる事になります。

人々が生活していくうえで「金運」「財運」「家族運」は大変重要な運勢と言えます。例えはっきりと目に見えなくても、風水で言われる気の力は新しいお箸の方が強く善い気をたくさんもたらしてくれるのではないでしょうか。

古くなったお箸の正しい捨て方。

古くなったお箸の捨てると言う事になると、食事の際に日々お世話になった事や、食事のたびに運気も運んでくれる事、風水的にも物には魂が宿ると言われている事も考えると雑に捨てる事は出来ません。しかも「金運」「財運」「家庭運」に特に影響があると考えれば気持ちよい捨て方をした方が良いのではないでしょうか。

捨て方としてよく言われているのは「白い紙に巻いて処分する」という事です。そう言われていますが、お箸とは結構贈り物で頂いたり気に入って長年使い続けたものでもあるため、そのまま捨てる気にはならないと思う方も多い事でしょう。

確かに風水では物には気が宿ると言われていますし「お箸は一度使うと自分の魂が宿る」とも言われています。気になられる方は、毎年8月4日(箸の日)に不要になったお箸に感謝しお焚き上げしてくださる神社もあり、また全国には「箸供養」をされる寺社もあると言う事です。不要になったお箸でも感謝の気持ちを持ち、ぜひその日を待ってみてはいかがでしょうか?

神様と繋がるお箸は、プレゼントに最適。

お箸は、神様と人をつなぐ道具として考えられてきたと言われています。お箸の片方の端は「神様のもの」そしてもう片方の端は「人のもの」としての「架け橋」です。人と人をつなぐプレゼントとして大変縁起の良いものになり「夫婦箸」は結婚のお祝いなどに喜ばれるものです。他には、長寿のお祝い等にも喜ばれます。食べることに使うお箸は「食べることに困らない」として「健康」「長寿」の意味も込められます。贈り物としてのお箸の材質にも意味を込めるのなら、「栗」は神が来るという意味になり、「槐」(えんじゅ)は延寿とも書かれ縁起が良いとされています。

ここで気を付けることがあります。お箸のプレゼントは縁起の良い意味で贈られることが多いのですが、お年寄りに対してのお箸は「三途の川への橋渡し」と言う意味で縁起が良くないようです。もしお年寄りにお箸の贈り物をする場合はメッセージカードやコメント等言葉と一緒に贈るのも良いかもしれません。

霊視能力であなたの知りたいことを鑑定します。

【あなたと彼と魂の繋がりは?「ツインソウル」「ツインレイ」診断】
「出会った瞬間、なぜか不思議なご縁を感じた」など、ドキッとするような経験をされた方へ。その方は、立場や年齢や歩んできた道も違うというのに、なぜこうも惹かれるのか…。それはツインソウル、ツインレイというご縁があるからかもしれません。カルママインダー先生は、ハイヤーセルフと繋がりその不思議の答えを導き出します。彼と出会った意味を紐解きたい方へおすすめです。きっと向き合い方が見えてくるでしょう。
【本格霊能者、天水うらら先生。彼の本音を霊視します】
特に恋愛面においての霊視が得意な先生です。片思い、恋人の悩み、既婚者の悩み、複雑愛や遠距離、職場恋愛、同性愛など。彼の本当の気持ちが知りたい方、彼の女性関係を知りたい方、彼との未来がどう進むのか先回りして知りたい方へお勧めです。怖いほど当たる天水先生の霊視鑑定。ぞくっと鳥肌が立つはずです。
【どうしても叶えたい恋に。あなたと彼を遠隔で結ぶ白魔術】
もうどんなに頑張っても振り向いてくれない彼へ。彼がもう一度振り返ってくれることを祈り、もう一度幸せな時を共に歩めるように復縁を目指している方。どうしても結ばれたい相手と、なるべく早く一緒になりたい方。複雑で難しい恋愛や、年の差のある恋愛に。ぜひ白魔術に彼との人生をかけて、後悔のない人生を歩んでください。