守護霊がいない人の特徴と、入れ替わりの時期について。

守護霊はあなたの魂の成長によって入れ替わる。

守護霊とは、その通り、ついている人を見守り、促す存在であり、先祖の霊であったり縁のある人であることが多いですが、まったくの関係のない妖精や動物霊がついていることも多いです。また、一人につき必ず一人というわけではなく、複数ついていることもあれば、守護霊がいない人もいます。しかし、いないからと言って不安に駆られる必要はありません。守護霊は必ずしも、いつもいるというわけではなく、常に同じ守護霊というわけでもないからです。守護霊がいないといわれたならば、それはいない時期も存在するというだけです。守護霊が交代する時期であり、新たな守護霊がつくまでの過渡期と考えるとよいでしょう。新たにつく守護霊は、ついている人とより良い相性であることが多いので、より良い運気に恵まれる可能性が高いです。

守護霊がいないと言われたら、運気が安定している証拠?

守護霊がいないといわれても、絶望する必要はありませんが、ではどのようなときに守護霊がいなくなるのか不安に感じる人もいます。運気が非常に悪く、悪いことばかりが続いているのに守護霊がいないとなると、新たな守護霊がつくまで悲惨な状態で過ごさなければならないのかという不安にさいなまれるでしょう。しかし、こちらもあまり不安に思う必要はありません。守護霊がいない時期とは、いなくても安定している時期ということだからです。守護霊が離れていても、運気が良いため、離れても問題ないと判断したからこそ、守護霊は離れていきます。運気が良いため、めったなことでは大失敗をすることもなく、安定した日常を送ることができる可能性が高いです。むしろ、不安にさいなまれてヘタな行動をすると、運気を下げて、新たな守護霊が安心しないことにつながるので、気軽に構えることが重要です。

守護霊がいない人の特徴。

誰であっても守護霊がいない時期が頻繁にあるというわけではありません。むしろ守護霊がいる時期の方が長いので、いないといわれる人の方が少ないです。では、どのような人が守護霊がいないのかというと、いくつか特徴があります。守護霊がいない人・良く変わる人の特徴は、人との縁が薄く、かつ環境が良く変わる人です。親戚とつながりが薄いと、先祖の守護霊がつかないため、特定の守護霊が存在しなくなり変わりやすくなります。また、環境が良く変わると、その都度適した守護霊へと変化するため、いない時期も多くなります。

守護霊がいないといわれる人であっても、必ずしも守護霊から救えないと判断されて、諦められたわけではありません。むしろ、守護霊がいなくても安定しているからこそ守護霊が離れている可能性もあります。先天的に強運で、恵まれた環境にいるため、守護霊が必要のない人もいます。このような人は、時に心配症で忙しなく過ごしていることも多く、守護霊も落ち着かないので離れていることが多いです。

怖いくらい当たります。

片思いの相手との恋愛をSilk先生に占って頂いたところ、過去の出来事や彼の性格、大当たりで鳥肌が立ちました。先生の占ってくれたアドバイスに従ったら、すぐにデートに誘われ、彼の方から交際を申し込んでくれました。夢のようです。
30代女性

誰にも言えない秘密を打ち明けることが出来ます。

主人にもずっと隠してきた恋人の存在。彼との件を水晶霊視占いの健嗣先生に占って頂きました。恋人と一緒になるべきか主人との生活を続けるか、鑑定して下さいました。誰にも言えない話が出来て、アドバイスを頂けて、進むべき方向が分かりました。
40代女性

不安定でしたが、前向きになれました。

仕事や人間関係、恋愛での悩みを多々抱えてボロボロの時、ガブリエル愛結先生詩和月先生のおかげで立ち直れました。とても丁寧で親身に寄り添ってくれて、復活のパワ-を与えてくれました。かつての私のように、暗闇の中にいる方にお勧めしたいです。
20代女性
未来は変えられますか?
もちろん、未来は変えられます。占いサイトSPRITでは、スピリチュアルによって運命を切り開き、未来を変えていきたいと前向きに頑張る方を応援しています。霊的な力や特殊な能力で未来を見て貰い、先回りしてトラブルを回避し、理想的な未来を手に入れましょう。