雨は幸運をもたらす?雨の日のスピリチュアルジンクス。

お天気雨は大きな幸せの前兆。運気が上がる兆しかも。

陽がさしているのに雨が降っていることをお天気雨と呼びますが、これはとても大きな幸運のサインといわれています。今取り組んでいることは、周りの人たちからのサポートを受けながら、すべて成功するでしょう。特に結婚や出産などの日にお天気雨に恵まれたら、とても幸先の良い門出です。また、予期せぬ幸運の訪れも期待できます。突然の贈り物や楽しい誘いなどもあるかもしれません。もし、お寺や神社にお参りをした時にお天気雨に降られたら、神様や仏様が歓迎してくれている証です。きっと神様や仏様のご加護があるでしょう。お天気雨の後には、虹が出ることも多いです。虹を見ることも幸運のサインで、これから始めようとしていることが上手くいくと言われています。ぜひ勇気を持って前へ進んでみましょう。

結婚式の日の雨は、神様に祝福されている証。

結婚式に雨が降ると残念だと思いがちですが、実はこれは縁起のいいことと言われています。結婚式の雨は、新郎新婦が一生涯に流す涙を、神様が代わって流してくれているものなので、新郎新婦は一生幸せに暮らせるのです。結婚式に降る雨粒は、新郎新婦の元に神様が遣わした天使です。天使にも祝福されて、末長く幸せになれるはずです。

また、雨が降らないと幸せの虹は見られないという諺もあります。ここから、雨が降ることでもっといい結果につながるという意味になり、結婚式で雨が降ると新郎新婦が一生幸せに暮らせると考えられているのです。

歌舞伎の世界では、雨が降ると幸せというお客様が降り込んでくると言われています。つまり、雨の日の結婚式は、幸せがたくさん降り注いでいる結婚式ということです。新郎新婦は、空からのたくさんの幸せを受け、これからも素敵な日々を送れるでしょう。

雨の日のデートで両想いになる。突然の雨や、いつも雨が降る場合は運命かも。

好きな人と一緒に居るときに雨が降ると、両想いになれるという恋愛のジンクスがあります。実際に雨が降ってくると、傘が必要だったり、雨宿りをしようと考えたりと、とっさの行動が必要になります。予定外のことをきっかけに二人の仲が深まるということは十分考えられることです。

もし片想いでも、好きな人と二人で居るときに雨が降ってきたら、これは幸運の証だと信じて、思い切って行動に移してみましょう。雨が止むまでカフェでお茶しようと誘ったりと、二人が過ごす時間を長くするきっかけを作るのもいいでしょう。傘を持っていなければ、雨宿りできそうな場所を探して二人で雨の中を走ったりするのも、ドキドキするシチェーションで恋愛関係が進みそうな展開です。好きな人と一緒に居るときの雨は、好きな人と両想いになれるよう、背中を押してくれる幸運に違いありません。