あの世の恐ろしさ。死後、地獄へ行かなくて済む方法。

地獄ってどんな場所?

地獄とは人が想像できる限界を超える痛みや苦しみが絶え間なく続く場所です。空間を照らす光は明るい日の光ではなく、亡者の身も心も焼き尽くす業火から発せられるものになります。地獄には一瞬の安らぎも喜びもなく、ただひたすら痛みと苦しみが続くだけです。具体的な指針も目的も無く、区切りというものも存在しないので一刻が永遠に感じられる特徴があります。体の苦痛だけではなく心の苦痛も常に発生する場所であり、寝ても覚めても怒りや憎しみ、恐怖など負の感情が沸き続け、安らぎや喜びを感じることは未来永劫あり得ません。地獄には慣れというものが存在せず、例え全く同じ痛みや苦しみが立て続けに生じたとしても決してマヒすることはありません。一瞬一瞬を常に最大限まで苦しむことになるのが地獄という世界です。

因果往来。地獄へ行く人の特徴。

悪い事をしたら地獄に落ちるなどと言われていますが、悪い事の定義は時代や人によってあいまいです。盗みや殺しなど第三者に対して実害をもたらす行為を働く人は理由を問わず地獄に落ちるとされます。また、明確な害が無かったとしても怒りや憎しみ、妬みなどの感情を持ち続けている人は心が汚れているとされ、地獄に落ちてしまいます。自己本位な偽善や無気力に生きる怠惰な姿勢も魂の歪みをもたらし、その結果として地獄行きになる可能性は否定できません。欲望を抑制できない人や逆に規則や規律に固執して人間性を否定する人も魂が歪んでいるとされ、地獄に落ちてしまいます。地獄へ落ちることを望むひねくれ者も痛みや苦しみを嫌がる、当たり前な感情を持たない汚れた心の持ち主と見なされて地獄行きになる傾向があります。

地獄へ行きたくない!今からでも間に合う、行かなくて済む方法。

地獄行きを避けるには魂の歪みを矯正し、心を綺麗に保つことが重要になります。一般的には罪を犯さないことが条件とされていますが、まったく罪を犯さずに日々を過ごすのは不可能です。ささいな事柄であっても罪を犯した事実は変わらないので、罪を避けるのではなく罪を受け入れ、魂の浄化に努めることが重要になります。魂の浄化というと特別な宗教的儀式を行うイメージがありますが、そのような行為にこだわりすぎると本来の目的である贖罪には至りません。魂の浄化は特別なことではなく、毎日の暮らしの中で自身の罪と向き合い、さらに罪を重ねないように気を配ることが大切です。善行を意識するのも地獄に行かない方法の一つですが、あくまで心を綺麗に保つことを目的に行うことが重要になります。地獄に行かないことを目標にした善行は偽善になり、逆に地獄行きに繋がるので注意しましょう。