スピリチュアル

SNSで話題、パワーストーン浄化グッズで吸収した厄や邪気を祓う。

クリスタルチューナーを使って音の力で浄化させる

古代などはるか昔、またスピリチュアルのような高次元の世界などでは、ヒーリングや浄化に色や音が使われているというお話を聞いたことがあるかもしれません。音とクリスタルを用いたパワーストーンの浄化セットとしても、クリスタルチューナーと水晶が使われています。

クリスタルチューナーとはわかりやすくいえば、楽器の音の調律に使われてきた音叉(おんさ)という道具のことです。その名の通り、水晶と共に利用することで、クリスタルの持つ力と効果を、音に乗せてることによって浄化させることができます。

クリスタルチューナーで人気のある4096Hzという周波数は、天と地を結ぶ天使の扉を開く音域とも言われ、美しく清らかで透き通るような音色で響き、場や人とモノを浄化してくれます。もちろんパワーストーンの浄化にもこの周波数のものを用いることが出来ます。スピリチュアル的に言えば、全てはエネルギーであり、音と水晶によって波動調整が可能になるのです。

不思議な音色で、お持ちの霊力も上がるはず。

さざれ石で浄化

パワーストーンの浄化法としては、水晶(クリアクォーツ)のさざれ石もよく使われます。さざれ石というのは岩塩のような小さな水晶で、これを容器などに入れて敷いたところに浄化したいパワーストーンを置いておくという手軽な浄化法です。

半日から一日、一晩はゆっくり休ませてあげましょう。パワーストーンを愛用される方は、水晶のさざれ石も手に入れておくと便利です。万能の石と言われる水晶がネガティブなものを浄化してくれますが、使ったさざれ石もまた太陽光に当てたり、月光浴をしたり、水で洗うなどお手入れが必要です。

また、紫水晶であるアメジストのさざれ石も浄化に効果的とされています。アメジストのさざれ石(クラスター)は浄化だけでなく、リラックス効果をもたらすとも言われ、寝室などに置いたり、アメジストパワーを発揮したいところによく用いられます。

シェル皿とホワイトセージで浄化

パワーストーンの浄化セットでよく知られているものには、シェル皿とホワイトセージもあります。ホワイトセージはネイティブアメリカンの聖なる植物であり、これを燃やして煙で燻すスマッジングは強力な浄化作用を空間にもたらすとされています。

パワーストーンをその煙にくぐらせるだけで効果があり、手軽でパワフルな浄化法です。ホワイトセージを焚くには耐熱用の皿や香皿などがあれば良いのですが、出来ればアバロンシェルやパールシェルと呼ばれるシェル皿を使うのがオススメです。

もともとホワイトセージを使う浄化はネイティブアメリカンの伝統的な儀式などに欠かせないもので、祈りと感謝を捧げる神聖なものでした。祭壇を作ったことがある人ならご存じかもしれませんが、こうした際には自然を表す天然素材を配置、使用します。ネイティブの伝統では、水を表わすアバロンシェルが用いられたようです。

シェル皿、ホワイトセージ、さざれ石の浄化3点セット。