新月に願い事を紙に書くと必ず叶う。書き方に一工夫を。


霊能者の先生による霊視鑑定、詳細は上記よりお入りください。

新月が持つ、驚異のスピリチュアルニュームーンパワー。願い事を叶えてくれる。

昔から月には不思議な力があると信じられており、月の満ち欠けは再生等を連想させる神秘的な現象として見られてきました。そのため、新月の願い事は新しい事を始めるためのきっかけや願掛けとして行われます。また、月は人々の無意識部分の象徴としても考えられており、新月に願う事でこの無意識部分の力を借りるという意味合いもあるのです。

願い事は新月になってから48時間以内が良いとされ、特に8時間以内は効果が増します。(ただし、その中でもボイドタイムと言われる時間は月の力が弱まるので、避けた方が良いと言われています。)神社仏閣で願うといったように、パワースポットを選ぶ事で効果も増大します。

新月は結婚、復縁、片思いなど恋愛の願い事、そしてお金や妊娠(子宝)についても叶えてくれる。

新月の願い事は片思いや復縁といった恋の悩みにも使う事ができます。
その際、相手が告白してくるといったような他人を変える内容ではなく、相手に好かれる自分に変わるといったように自分自身を変えるように願う事が大切です。そうする事で自分の変化と共に、自然と相手の気持ちが自分の方に向かうようになります。

同じように結婚等にもこの願い事は使う事ができます。この場合もプロポーズされるといった他人本位な内容ではなく、プロポーズされる自分に変わりたいといったような自分本位で考えるようにしましょう。

この他、誰にも相談できない秘密の恋などにも、新月のパワーを使ってみるという手もあります。新月へのお願いで大切なのは、自分自身を変えることにフォーカスを当てる、理想の未来を描きそれを願うのが重要です。まさに引き寄せの法則ですね。スピリチュアルでも有効だと言われている引き寄せの法則は、新月のパワーを借りると、もっと力を増します。恋愛運だけではなく、新月は金運が上がったという嬉しい効果報告もあるので、そのパワーは侮れません。

新月に願い事をしたら…

好きだった社内恋愛中の方ときっかけが出来て、ライン交換出来ました。また、しばらく新月にお祈りしたら、勇気を出して誘ってみようと思います。新月を味方につけると、タイミングよく恋のチャンスがやってきてくれるようです。自分を高めるチャンスとしても、新月に向かって自分の気持ちをはっきりとさせるのもおすすめです。
なつみ (20代)

新月の願い事は紙に書くことで叶いやすくなる。どんな風に書けばいい?

新月の願い事は、紙に書く事でより叶いやすくなります。また書いておく事で自分自身にどんな望みがあったかを思い出す事ができるでしょう。

書き方は「結婚できますように」といったような願望形式ではなく、「素敵な人と結婚できました」と過去完了形で書きます。最後に「ありがとうございました」といったように感謝の気持ちを書いておく事もポイントです。これによって願いが叶いやすくなります。

願いの個数は10個以内が良いとされており、なるべく具体的に書きます。もちろんそれ以上の個数でも問題はありませんが、自分自身がその願い一つ一つにきちんと対応できるのかという事も考えなくてはいけません。新月の願掛けは願えば叶うものではなく、努力に対して力を貸してくれるもの、自分自身ができる範囲の事を願うという所が大切です。

叶えたい願いがあるとき

昔から願い事があると、夜空に向かって唱えていました。新月のパワーがすごいと聞いてからは、紙とペンを持って、“願い事(じぶんの理想)を再確認する日”にしています。不思議と叶わなかった願いはありません。
月子 30代

未来に出会うご縁のある方を霊視します。

出逢う可能性のある方、ご縁が深まる可能性のある方の特徴や性格、人物像などをチャネリングで見て下さいます。未来を覗いてみたい。そう思ったら、花先生のお力を貸していただきましょう。花先生のチャネリング鑑定を受ける

霊能者ゆめきら先生の、本格霊視鑑定。

ココナラでも当たると定評があるゆめきら先生の鑑定です。諦めきれない未来がある、悩みに対してどう進んで良いのか分からない。そんな時は最善の方法を霊視して頂きましょう。ゆめきら先生の霊視鑑定を受ける
別れた彼と復縁したい。ジェナ先生の白魔術。

こちらは遠隔で白魔術をかけて下さる先生です。縁切り、悪魔祓い、復縁、恋愛成就、金運アップと働きかけてくださいます。ジェナ先生の白魔術で願いを叶える