悪霊、低級霊、生き霊にはホワイトセージ。空間浄化し場を清める効果がある。

まさか呪われている?と思うくらい運気が悪い時、不幸が続くときは、霊障かも…
生き霊が憑いてない?霊能者の目でチェック。
どうしても忘れられない恋がある、会いたいのに会えない人がいる、復縁や音信不通に。諦めないで。白魔術で叶えてくれます。ジェナ先生の白魔術を受ける

魔術や厄払いで使用されて来た、ホワイトセージ。煙で低級霊や生霊など、悪いものを祓い空間を清めてくれる。

ホワイトセージはシソ科アオギリ属の植物で、アメリカ・カリフォルニア州南部に自生しています。「聖なるハーブ」として、古くからネイティブアメリカンの間で使われてきました。ホワイトセージの煙で邪気を払い、空間を浄化していたのだそうです。白っぽい葉が神聖なイメージで、悪いものから守ってくれそうですよね。抗菌作用もあるので、ウィルスが気になる季節にもよさそうです。(実際に除菌の効果もあります!スピリチュアル目的以外にも、おすすめですよ。)

何か憑いているかも?と感じたり、部屋に霊的存在を感じたら…乾燥葉のタイプのホワイトセージでスマッジングを。本格的な空間浄化用です。

ホワイトセージの主な用途は「浄化」です。煙による浄化法は「スマッジング」と呼ばれ、煙によって場を清め、儀式の準備や気分転換をすることができます。乾燥させたホワイトセージの葉を束ねたものは、スマッジと呼ばれています。

これがスマッジと言う、乾燥させた葉を束ねたタイプのホワイトセージです。本格的に祓うためのものになります。

ホワイトセージの単独の葉。もちろん、これでもOK。スマッジには劣りますが、お香タイプのホワイトセージよりはずっと浄化力が強いです。

シェル皿と鳥の羽があればもっと浄化効果が出る!?


ホワイトセージに火をつけた後は、このシェル皿の上に載せます。(さざれ石を敷いて、パワーストーンを浄化させるときにも使えますよ。)浄化系のお香やホワイトセージには、必ずこのシェル皿がセットです。灰皿でも代用できると思いますが、火を扱うので、安全のためにも1つ持っておくと良いですね。

さらに本格的に浄化に取り組みたい方はシェル皿以外に、土と、鳥の羽もあわせて用意してください。ネイティブアメリカンが崇めた自然の四大要素がこれで揃います。より深く自身と、大地とのつながりを感じられるでしょう。なお、四大要素が当てはまるのはそれぞれ、シェル皿=水、土=大地、ホワイトセージの煙=火、鳥の羽=風です。

鳥の羽の代わりに、ドリームキャッチャーを吊るすことをお勧めします。同じくネイティブアメリカンのアイテムなので、より浄化効果が高まりそうですね。

悪霊、低級霊、生き霊祓い、空間浄化以外でのホワイトセージの効果は?

ホワイトセージは主に煙によって空間を浄化してくれますが、それだけではありません。その他の素晴らしい効果も見ていきましょう。

浄化以外のホワイトセージの効果1.気持ちの落ち込みを楽にしてくれる。

苛立ちが治まらなかったり、突然涙が出てしまうことがある方は、ホワイトセージの香りで深呼吸してみて下さい。その時、無農薬のものを使うとより安心して使えますね。

浄化以外のホワイトセージの効果2.第六感を引き上げてくれる。

意識がクリアになるので、ホワイトセージを焚きながら瞑想することにより第六感がより鋭くなります。ネイティブアメリカンの間でも、儀式の前などに使われていました。歴史ある植物の力を借りることで、より精神を研ぎ澄ませられるようです。

キャンドル使用で、まるでお部屋が空間浄化されます。

キャンドルタイプのホワイトセージで、生き霊がどんどん逃げていきます。お香を焚くよりずっとお手軽です。今すぐ取り入れて習慣にされると、絶対に運気が上がります。また、瞑想をされている方や占い師を目指す方にもおすすめです。第六感が飛躍的にアップするアイテムです。
占い師 なな先生(鑑定歴2年)

スピリチュアルな効果以外にも、カビの発生を防いだり、殺菌効果もあるようなので、お部屋の空気を清浄に保つため利用するのもおすすめです。病院にかかるほどではないものの体調がよくない、というときもホワイトセージを使うと体調が整えられることもあるようです。試験勉強など集中力を高めたい場合も役に立つので、気分転換もかねて使ってみるといいですね。

お勧めのホワイトセージは「カリフォルニア産」か「バハカリフォルニア産」

購入の際は産地を確認し、「カリフォルニア産」「バハカリフォルニア産」のものを選びましょう。葉だけの「クラスタータイプ」と、茎まで含んだ「ルーズリーフタイプ」があるので、購入しやすいほうを選んでよいのですが、値段が高めのルーズリーフタイプのほうが品質も上であることが多いようです。

お香タイプがお手軽。軽い霊や、厄や悪い念については、これ1本で簡単に浄化されます。

手軽さでは、お香タイプのホワイトセージがマスト。

昔から塩は浄化によく使われましたが、ホワイトセージはあまり知られていませんでしたね。占い師や霊能者の中では、日常的に使用されている方が多いと思います。塩の方が香りもなく手軽ではありますが、一度ホワイトセージを焚くと、その後の空気感がきっと癖になると思います。部屋の空気が浄化されることにより、クリアで心地よくなります。私は手軽さから、昔からお香タイプのHEMのホワイトセージを使用しています。
霊視占い師 Asami

超お手軽。ホワイトセージのスプレーで簡単セルフ浄化。

スプレータイプのホワイトセージも販売されているので、しゅっと一吹きし手軽に楽しむ事もできます。

疲れたときに効果的

タロット占い師なので、霊感はないんですけど、疲れたときにシュッと一吹きするのがミストタイプのホワイトセージ。不思議と疲れが飛んでいきます。もう数年リピートしています。
タロット占い師 さゆり先生(鑑定歴7年)

ホワイトセージの葉を、自分でスプレーにする方法もおすすめです。

無水エタノール、精製水、スプレー容器を準備して、まずは容器にホワイトセージの葉を入れましょう。その後、無水エタノールを適量加えます。それから精製水を足し、好みの濃さにして仕上げます。
フレグランスミストのように香りを楽しんだり、掃除の際に吹き付けてカビを防いだりできます。肌につけるときは目立たないところで試してからにしましょう。床などに使うときも、傷まないか確認してからにするとよいですね。すっきりと溜まった疲れがとれる感じ。病みつきになります。

ホワイトセージは自家栽培できる?

ホワイトセージを自家栽培するのは、簡単ではありません。湿気に弱いので、湿度の高い日本では育ちにくいでしょう。種からだとさらに難しいので、挑戦する場合は苗からがおすすめです。市販のハーブ用の培養土などを入れてあげるといいですね。大きめの鉢に植えて、直射日光の当たらないところに置きましょう。水のやりすぎに気をつけて、乾いているときにあげるようにしましょう。肥料も与えすぎると枯れてしまうので注意が必要です。うまく育てば、4月から6月に花を咲かせます。花芽は摘み取っておいた方が葉の成長がよくなります。寒さには比較的抵抗力を持ちますが、秋以降は外に置かず、室内で大切にしましょう。-5度まで耐えられるといわれますが、幼いうちはもたないことが多いようです。

種類の多いセージの中でも、精神と深く関わる効果を持つホワイトセージ。葉の色も白みがかった優しいイメージで、見ているだけで落ち着きが感じられそうです。自分で育てるのは難しそうですが、試行錯誤しながらチャレンジするのも自身の成長につながるでしょう。ネット通販やスピリチュアルな商品を扱うお店で手に入るので、ホワイトセージをあなたの生活にも取り入れてみてください。

SPRITで運営する、霊視、タロット、オラクルカードを用いたメール占いサロンです。鑑定結果が出てから1週間はアフターフォロー期間。結果に対して気になる部分は質問し放題です。未来を変えたいあなた、アドバイスを受け取りましょう。