心霊スポット、パチンコ店、コンビニ、散らかった部屋、運気が下がる場所。

不潔で整理整頓が出来ていない部屋、ゴミ屋敷は、運気を下げる。また、湿気には要注意。

物が散乱している場所は、運気が入りにくいことから運気が下がると言われています。特に部屋のような狭い空間にゴミや物が散乱していると、運気が入りにくいだけではなく空気が澱んでしまうことから悪い運気が溜まりやすいのです。そして不潔で散らかっている部屋の中でも一番運気を下げてしまうのが、水気が多い場所だと言われています。水気が多い場所が散らかっていると湿気が溜まりやすく、ただ汚れているだけの部屋よりも運気を悪化させやすいことから注意が必要です。水回りなど湿気が溜まっているところを中心に掃除をし、しっかり換気をすることで、逃げてしまっていた運気を戻すことができるようです。

コンビニ通いが癖になっている方は気を付けて。

コンビニは場所によって運気が左右されているほか、出入りする人たちの運気が入り混じりやすくなっています。このためスピリチュアルの面で、コンビニ自体があまり運気がいい場所ではないと考えられています。深夜になると人の出入りが少なくなるため人の思念はそう多くないものの、忙しい時間帯に散らかってしまったゴミ箱から、あまり良くないオーラが出ていることもあります。また立ち寄るコンビニの四方が道路に囲まれていないか・店の前が綺麗に保たれているかなどのポイントもチェックしておくことがおすすめです。

色情霊が憑きやすくなる?風俗店やラブホテル。

風俗店は店舗で働く女性に対する様々な男性の想念などが渦巻いています。妻、婚約者、または特定の彼女がいれば、風俗店に通っていることを知らなくともご先祖様が見ている、あるいは男性自身に後ろめたさがある場合は運気が下がります。また、人と人との交流ということ自体が気の融合なので、気が様々に混ざり合う場所でもあるため、運気が下がる場所でもあると言えます。

パチンコ、スロット、競馬、カジノなど、ギャンブル関連の場所は逆パワースポット。

パチンコ店、スロット店は逆パワースポットと呼ばれるくらい運気の下がる場所です。まず感じるのはけたたましい騒音、たばこの臭いや煙、イライラしているお客などとても運気が上がる場所とは言えません。このような場所ではギャンブル依存症の人も多く、自分は絶対に当てたい、他人が当たるのはストレスになる、というように勝者を妬む場所でもあります。これはカジノ店でも該当します。外国のカジノ店では、パチンコ店やスロット店のようなたばこや騒音は感じられませんが、やはり勝った相手を妬むということがあり運気は下がります。つまり、このような欲が集まる場所では、運気が下がっていくこととなります。精神的に追い込まれてしまい、借金までするようになると、家庭崩壊や離婚なども考えられます。

運気が下がっている方の思念に触れる、自動借入機周辺。

お金が無いときは運気が下がっている時だと言われます。これは、上述のパチンコ店やスロット店などのギャンブル場でお金が無くなり、借金をする場合が考えられます。例えば、競馬場で大金目当てに大金をつぎ込んだが外れてしまった、というようなケースです。競馬場には自動借入機が並んでいます。馬券が外れてしまった人は次で取り返す、という気持ちで自動借入機に行列を作ります。このような場所は、運気が下がっている人の集合体と言えますので当然運気の下がる場所と言えます。また、欲も渦巻いていますのでとても運気が上がる場所とは言えません。

心霊スポットや廃墟は、マイナスエネルギーで一杯。

心霊スポットと呼ばれる場所は光が差し込まない場所が多く、水辺が近い・汚れているなど運気を下げる要素が数多く詰まっています。その中でも人が亡くなったなどの問題や曰くがある心霊スポットでは、人の嫌な記憶や怨念などのマイナスのエネルギーが蓄積している可能性が高いです。マイナスのエネルギーが蓄積している場所は運気が大きく下がりやすく、ただ運気が下がるだけではなくあらゆる不幸に見舞われてしまう可能性があるとも考えられているのです。そのため心霊スポットと呼ばれる場所にはできる限り近付かない・立ち寄らないことが大切ですが、その中でも廃墟関係の場所は一番避けた方がいいと言われています。廃墟はほかの心霊スポットと比較すると特に光が差し込みにくく、悪い運気やエネルギーを蓄積しやすいと考えられているためです。