第六感や霊感

間違った霊能修行は、低級霊を呼ぶ。覚醒は低級霊の仕業?

低級霊を呼び込んでしまう、間違った霊能修行とは?

占いとスピリチュアルをテーマにしたこのサイト、SPRITには、占い師を目指して勉強中の方も多いと思います。または、スピリチュアルが大好きで、これまでたくさんの鑑定を受けてきた方も。今回は霊能者数名に意見を聞き、霊能修行について、間違った霊能修行で低級霊を呼び寄せてしまう怖さ…をテーマにしてお届けします。

霊感や直感を鋭くする修行を行っている方で、後天的に能力が芽生えてきた場合。「そういえば、なんとなく、不思議なことが起きるなあ」くらいならば問題ありません。しかし、思いっきり人の気持ちがダイレクトに伝わってきたり、オーラが見えるようになってしまったら、少しだけ立ち止まって、冷静になってみてください。それが本当に正しい修行で身に付いた力であれば問題はありません。

しかし、霊感や超能力を得たと、人に思わせる低級霊の仕業かもしれません。彼らは、人を操ることで自分の欲を満たします。以下の方々を対象としています。

その1.幽体が不健康な方

肉体は体。幽体は心だと考えてください。幽体、つまり心が不健康な方は、ふわふわと軽く色んな方向に転がりやすいため、低級霊からすると「扱いやすい」状態にあります。
自分で、「病んでいるなあ」と自覚出来るのであれば、まだ大丈夫。一度霊能修行や直感磨きなどから離れてみてください。もっと健康な状態になってから、目に見えない世界とお付き合いしていきましょう。

その2.特殊能力がどうしても欲しく、開発に励む方

霊感、霊視能力、ちょっと人よりも特別で独特なその世界は、憧れる方が多いと思います。誰かの力になりたくて、手に入れたいと考える優しい方が多いのも事実。しかし、霊能修行は、本格的に行うのであればきちんとした霊能者さんについて学ぶのが一般的です。自ら間違った方向で、本格的に修行の世界へ入ってしまうと、あっという間に低級霊が近寄ってきます。※瞑想やヨガ程度であれば、大丈夫です。

その3.何事もスピリチュアルで解決できると考える方

霊視だけで未来を的中させるのは至難の業です。所々シーンが浮かび、それを組み合わせるようにして鑑定していくのが正しいやり方。しかし、上を目指しすぎて、何もかもスピリチュアル的な力で知りたいと思う方には、低級霊がやってくる可能性もあります。低級霊がやってくると、具体的に鮮明に、その方の姿が見えてきますが、それは本当の姿ではないかもしれません。
知覚させるオーラの色やその方の過去未来のイメージ、霊や神仏の姿、または守護霊からの言葉、前世の情報などは、この乗り移った浮遊霊たちが決めているようです。

その4.偏った生活をしている方

毎日修行を必死に頑張っても、バランスよく生活が出来ていないと、修行の成果が発揮できません。毎日瞑想だけでなく、きちんと身の回りをきれいにし、たくさん笑って、体もよく動かしてくださいね。健康な体にこそ、不思議で誰かの役に立つ力が宿ります。