絶家を避ける方法は、座敷童がやってくるような家を意識すること。

座敷童が住み着くとお金持ちになると言われていますね。そして、去っていくと、たちまち貧しくなると。
座敷童は割と普通の民家やマンション住まいのお宅にも住み着いています。

座敷童はその家に住み着く、家族全体の守護霊のような存在。

みんなの人柄が暖かく可愛がってもらえると感じたら、すぐに住み着く。豊かで福が満ちているような家には、必ずいるそう。ぎしぎしと音を立てて遊んだり、笑い声がしたり。人それぞれには守護霊がついていますが、家の中がより暖かく居心地のいい空間であるようにしてくれるそうです。座敷童もそれを願っているとか。
あと、優しい人が多い家にはたいてい座敷童がいるそう。割とすぐに住み着いてなかなか離れないのが特徴です。

美味しい食事を出してくれる家

お母さんの作る食事が美味しかったり、自分の好物であれば、やってきてくれるそう。特におまんじゅうやおしるこなど、甘いお菓子を出してくれるおうちには、ついついやってきてしまうとか。

神棚やお仏壇がある家

綺麗にかざった神棚やお仏壇は、先祖とのつながりも強く、家を大事にしている証拠だと考えるそう。座敷童も子供ですが、随分前の時代を生きた子供なので。特にお花を添えて。そしてたまには座敷童の大好きな和菓子も添えてあげたらいいでしょう。

掃除が行き届いた家

整理整頓がしっかりされていて、いつも清潔な家には、つい立ち寄ってのんびりしてしまうようです。そんなときに美味しい食事でも出してもらえれば、長居するかもしれませんね。

可愛い精霊のような存在。

座敷童はどうしても我慢できず、ついつい家の持ち主にちょっかいをだしてくることもあるそうです。なんだか可愛らしいですよね。

座敷童を見ると、繁栄する。

お金、家、子孫がどんどん繁栄し、昔は名家になれると言われていました。