第4チャクラは、共感力が高まり、愛を与える側に近づけるチャクラ。
第4チャクラの開き方

第4チャクラ

心臓のチャクラという意味があり、ハートを象徴しています。身体の中心である胸部に位置します。7つあるチャクラの中心で、身体的・精神的にバランスを保つ役割です。自己への愛情と周りの人々への愛情を感じるためのチャクラです。物質界と魂の世界を繋ぐ場所でもあります。バランスが保たれていれば自分を否定せずに受け入れることができますが、バランスが崩れれば精神的ダメージが溜まってしまい、無感動になったり我慢体質になったりします。人に愛されたいと思うのならば、まず自分を愛さなければなりません。自分を愛すれば、無償の愛を人に捧げることができるようになります。そうすれば、人から愛情を返されることになるのです。

第4チャクラを開くには

自分と向き合い、精神を成長させる必要があります。目を閉じてリラックスし、第4チャクラが位置する心臓を意識して複式呼吸を行ってください。森林のエネルギーを体中に満たすことをイメージしましょう。5分から10分かけて呼吸を整えると効果的です。自然界の物を利用する方法もあります。アロマオイルを使うと心が解放され、気分も明るくなります。薔薇やメリッサ、ゼラニウムなどが良いでしょう。12歳以下のお子さんはエッセンシャルオイルの使用はできません。妊娠中の場合は、アロマセラピストに相談しましょう。アロマとパワーストーンには、同じようなエネルギーを持っている物があります。効果的なパワーストーンは、ローズクォーツやウォーターメロントルマリン、クンツァイトなどです。

第4チャクラは相手のことを考える共感力のチャクラ

相手と同調し、言葉によるコミュニケーションだけではなく、高次元で相手を理解することができるでしょう。初対面の相手でも、以前から知っている人のように感じたり、惹き付けられたりした時は、相手と共感している状態です。第4チャクラのバランスが保たれ、活性化している時、真の愛を経験できると言われています。真の愛とは、宇宙のように大きな愛のことを指し、見返りを要求しない無償の愛です。自分自身を慈しみ、他者と愛のある関係を築ける人間として成長します。自分が他者から必要とされ、愛されているという実感が得られ、愛によって満たされているという安心感を持って生きていくことができるでしょう。