浄化

セーマンドーマンは魔除け効果あり。アクセサリーが守りを強くする。

セーマンドーマンとは、海の守り神?魔が逃げていく特殊な模様。

セーマンドーマンとは、三重県志摩市の海女さんが、海に潜る時に身に着ける魔除けです。今でもはっきりとした由来はわかっていません。


セーマンとは平安時代の陰陽師「安倍晴明」の家紋である、星型の模様です。


ドーマンは横線と縦線を組み合わせた網目模様で、「九字を切る」と言われている魔除けのまじないの一種です。(こちらの画像の、右側のお皿に描かれている碁盤の目のような模様)

スター(星型)は一筆書きで一気に書けることから、どこからも魔が入る隙間がないという意味があります。ドーマン(碁盤の目のような模様)は網目をすべて目ととらえて魔物を見張るという意味でどちらも魔除けとして昔から用いられてきました。

長い間海女さんたちの間で魔除けに使われてきたので、歴史の中でスピリチュアルな力が加わったお守りです。海でレジャーやスポーツを楽しむ方や、水にまつわるお仕事をされている方は身に着けておくと安全につながります。

トモカズキとは?かつてはトモカズキ対策に。今では、仲間のフリをする相手から身を守るのにも有効的。

魔除けとして海女が古くからセーマンドーマンを用いるのには理由があります。海女の仕事現場は海です。状況や環境によっては命に係わる仕事になります。特に海や山のような自然にたずさわる場所には様々な魔が存在するとして恐れられてきたのです。よって伝説も多く残されています。

志摩の海にはトモカズキといわれる魔物の伝説があります。「共に潜る」という意味で、海女と同じ格好をしていっしょに潜っている妖怪です。仲間のフリをして誘っては命を奪おうとする妖怪で、別の説として海女の亡霊とも言われています。いずれにしてもトモカズキは海女が最も恐れている魔物であり、それを除けるために服や手ぬぐいなどにセーマンドーマンの模様をつけるそうです。

セーマンドーマンは、魔除けのペンダントなどアクセサリーにするのもGOOD!

現在でも、セーマンドーマンはお守りや魔除けとして注目を集めています。といっても網の目のドーマンよりもやはり見た目も綺麗な星型セーマンの方が人気度は高いようです。海女のお守りとして使われていたこともあり、女性を守る護符として広まっています。お守りもさることながらペンダントが人気。


安倍晴明が祀られている京都の晴明神社では晴明紋のペンダントを手に入れることができます。厄除けのお守りとして以前から販売されていますが、神社だけでなくその他セーマンをモチーフにしたペンダントはさまざまな形で出ていて人気があります。星の形がお守りというイメージを通り越しておしゃれなモチーフになりやすいからかもしれません。