物品引き寄せ現象で、欲しい物、お金、運命の人を引き寄せる。

誰にでも起きる、物品引き寄せ現象。この現象の意味は?

自分の探していた物、欲しいと長年思い焦がれていた物、ふとあれば便利だな嬉しいなと思った物たち。それが、自分の元にやってきて驚いた経験のある方はいますか?しかもやってきた物たちが、自分が困っているときだったり、昨晩の夢に現れた時だったりして、そのタイミングにも驚いた経験のある方、多いと思います。

あなたの元にやってきたその「物」と言うのは、お金や探していた片方のピアス、アクセサリー、食べたいな~と思っていた物など、物質的な物だけには限りません。時には、運命の出会いや、人生を良い方に変える出会い、生きる支えになるペットであることも。

物品引き寄せ現象と言えば、祖父が昔、夢の中で観音様が出てきたという話をしていた時です。丁度その頃、床の間の押し入れを整理していた祖母が見つけたのが、「白い観音様の置物」!家族一同で驚きました。かと言って、何か特別なことが起きたわけではありませんが、観音様の置物は玄関に飾ってお守りにしています。
ななせ 20代

タイミングの良い物品引き寄せ現象は、神様や守護霊からのご褒美。

物品引き寄せ現象が起こる原因の1つに、霊的な存在からの贈り物なのではないか、そんな風にささやかれています。これまで努力して苦労を重ねて来たことにより、ようやく光が見えてきた!そして、自分の魂も成長させることが出来た。なんだか以前の自分よりも、1段階上がったような気しかしない時。「そうです、あなたの努力を認めます。よく頑張りましたね。」という返事として物品引き寄せ現象が現れます。守護霊からのご褒美とも言われていますが、スピリチュアルな世界では、「神様」が守護霊へ。そして守護霊があなたの元へ。運ばれるものによっては、守護霊からのご褒美という訳ではなく、もっと高次元からのプレゼントなんじゃないか…そんな風にも言われています。(神様や守護霊は、あなたが正しい行動や目標を達成した時、度々サインを送っているようですね。金粉現象について。)引き寄せの力によく似ていますが、そこに神様や守護霊からの返事であったり、霊的な力が加わった現象です。

「気」の力も必要です。物品引き寄せ現象が起きやすい方は、引き寄せの法則で応用も出来る!

正しい方向に物事を進めている方はもちろん。いつでも神様や守護霊からのサイン、物品引き寄せ現象は起きているはず。ではどのようにすれば、受け取りやすくなるんだろう?それは、強くイメージすることで発生する気の密度です。引き寄せたいと思う物は、日ごろから強く意識しておくことで、この気の密度がきめ細かくなります。これは、直感力をあげたり、欲しいものがいつでも必ず引き寄せられるようになる“引き寄せの法則”の訓練にもなります。ぜひ日ごろから意識して、明確にしておきましょう。

 

江原さんや美輪さんのような霊能者さんの霊視鑑定。メールにてご自宅で受けることが可能です。

あなたと彼の、魂の関係性を霊視で見て頂く事が出来ます。

初めて出会った時に不思議なくらいに惹かれたお相手はいませんか?もしかすると魂で繋がり合っているツインソウル(ソウルメイト)かもしれません。スピリチュアルヒーラーのMiche☆Channel先生が、あなたと彼の潜在意識に潜り込み、その不思議な感覚の正体を霊視してくださいます。
SPRIT編集部

別れた彼と復縁したい。

理由も分からぬまま、お別れしてしまった彼。音信不通になってしまったお相手の気持ちを霊視してくれる先生です。どうすれば復縁へとたどり着くのか、彼を霊視した上でのアドバイスも頂けます。霊能者の涼風ひとみ先生が、あなたと彼の今後を先回りして霊視してくださいます。
SPRIT編集部

金運、結婚、子宝、あなたの未来を霊視で先回り

あなたは今後、どんな人生を歩むのか。仕事や恋愛がどうなっていくのか知りたい。回避できるハードルは回避したい。shela先生の霊視能力で、あなたの人生を大きくいい方向に変えていきましょう!今がどん底だという方も、ご相談頂くだけで変化があるはずです。
SPRIT編集部

白魔術やヒーリングで復縁を叶えます。

スピリチュアルの聖地セドナ(アメリカ)在住のヒーラーさん

気を操るあかり先生の、セドナヒーリングです。あかり先生はアメリカ在住で、復縁や願いを叶えるヒーリング術を提供してください居ています。術を受けている最中、体が持ち上がるような体感があるそうです。アメリカのセドナの気で、願いを叶えたい方。
SPRIT編集部

ジェナ先生の恋を叶える白魔術

あなたが眠っている間に、白魔術をかけて片思いの方との縁結びをしてくれます。ジェナ先生の白魔術動画を見るだけでも、運気が上がると噂です。白魔術申し込み(動画を見たい方も、こちらから入ると見れます★)
SPRIT編集部